樹齢300年の紅梅を愛でる萬福寺(宮崎県国富町)【ドローン空撮映像有】

こんにちは!
観光好き、宮崎好きなみやざき勝手におうえん隊隊員の
ミッチーです。

約2年ぶりに観光の記事を投稿します。
ちょっぴりマイナーな場所。
梅が咲く時期は多くの方が訪れる、知る人ぞ知る国富町の萬福寺というお寺です。

宮崎市内から車で約30分で着きました。ドラッグストアコスモス国富町店を過ぎて数分です。

道路上に萬福寺の案内がありすぐ分かります。

萬福寺は、803年に開かれた有名なお寺のようです。

その昔、ここで熊が襲ってくるのを知らせるために吠えた犬を山幸彦が怒って殺しました。

その犬と熊を弔った場所と言われ、地名(字)犬熊の由来となっているようです。

紅梅の咲く二月には、寺を訪れる人で賑わうと聞いていたので行ってみることにしました。

お寺の奥には、枯山水の庭園(楽山園)があります。
宮崎県内にこのような庭園があるとは知りませんでした。
他の庭園にもお邪魔してみたいと思います。

中央に数百年を生きた紅梅の名木を配し、吉野の石、京都の白川砂、
北山杉などを取り寄せて作られた桃山式の庭園です。
庭園は、隅々まで綺麗に整備していて清々しいです。

今回、2018年2月26日に訪問時は、中央の梅があまり咲いていなかったですが、そのほかの梅は満開近くとなっていました。
梅の花は、今週末までもつようなきがします。

下草もいい感じで手入れされています。

関連記事

  1. 宮崎県立美術館(宮崎市)

  2. SOGNO DE’ ORO

  3. 石堂山&双子キャンプ場(西米良)

  4. 鬼の洗濯岩・青島/おにのせんたくいわ・あおしま

  5. 全国で4番目に古い県庁舎/宮崎県庁(宮崎市)

  6. スタバ(神戸北野異人館店)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate »