夕日が映る大淀川(おおよどがわ)は川端康成も愛した絶景!

九州で4番目に長く、2番目に広い流域を持つ宮崎県を代表する河川、大淀川。
今回は川端康成にも愛された川としても有名な大淀川の楽しみ方についてご紹介します。

1 大淀川とは?

大淀川とは宮崎県・鹿児島県内を流れ太平洋に注ぐ大淀川水系の本流であり、宮崎県南部を東流する県下最長の河川です。

市街地からも徒歩圏内のため会社員や市民の散歩コースであったり、宮崎観光ホテルや温泉といった観光客が集まりやすい場所でもあります。
ただ、一般の方には、観光地として認知されることは少ないかと思います。

2 川端康成に愛されたといわれる理由

川端康成に愛された川としても有名な大淀川。
NHK小説「たまゆら」の原稿執筆の為宮崎に訪れた際に大淀川の夕映えを見て絶賛されたことで有名です。
当初は宮崎に2〜3泊したのち、九州各地を観光する予定だったそうですが、全17泊の行程のうち宮崎県に16泊されました。
それほど大淀川を含む宮崎の魅力に魅了されたのでしょう。

当時宿泊されたのが宮崎市内にある『宮崎観光ホテル』。
実はリニューアルオープン時に全面改修し洋室化する予定でしたが、改修を惜しむ声に応え、川端康成が宿泊した客室のみ当時のまま保存されています。
現在も宿泊することができ、川端康成が釘付けになった景色を実際に楽しむことができるので文豪好きにはたまりませんね!

3 景色を思う存分味わえる!大淀川のおすすめの楽しみ方

①人気の大淀川沿いの散歩コース

大淀川を散策するのであれば宮崎の中心地から大淀川海岸沿いにある橘公園までの水辺のコース。
特に橘橋と公園までの間は宮崎県の「県の木」であるフェニックスの木や色鮮やかなテント「ロンブル」が並んでおり、宮崎らしい景観を楽しむことができます。
大淀橋にかかる鉄橋を行き交う列車を眺めるのもおすすめです。
思わず写真に納めたくなるような景色が広がります。
朝のウォーキングには爽快な気分を、夕方には綺麗な夕焼けを堪能してみてください!

②春は必見!大淀川市民緑地(桜堤)

天満橋辺りから高松橋、宮崎大橋、平和台大橋までの大淀川の堤防に267本の桜並木が続く、大淀川市民緑地(桜堤)。
桜並木はもちろん、大淀川の水面に映る桜景色を眺めるのもおすすめです。

③宮崎市の夏の風物詩、花火鑑賞は大淀川の河川敷で

通常時でも夜景が綺麗だと評判の大淀川ですが、年に一度宮崎を代表する夏の風物詩『みやざき納涼花火大会』が大淀川の河川敷で開催されます。
約1万発の花火が打ち上げられ、フィナーレの大淀川に仕掛けられるナイアガラは圧巻です。

4 大淀川の絶景を堪能してみては

ここまでは大淀川が川端康成に愛された理由や大淀川の楽しみ方についてご紹介しました。
大淀川には景色を楽しめるポイントがたくさんあります。
大淀川の景色を楽しみながらあなただけのお気に入りの場所を見つけてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 菅原神社の大鳥居(えびの市)稲穂の海(田んぼ)に浮かぶ大鳥居!

  2. 黄金の稲穂(えびの市)

  3. エンシティホテル延岡~延岡市の家族で宿泊にお勧めホテル!アクセスは?駐車場は?

  4. 祇園山(宮崎県五ヶ瀬町)

  5. 歴史に触れ・食べ歩きできる九州の小京都「飫肥城下町」(日南市)

  6. 夏木山~新百姓山

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

プロフィール

サイトの中の人:みっち~

大好きな宮崎の風景を一眼レフ・ドローンで撮影しながらさるく人。

カテゴリー

Translate »