石鎚山~瓶ヶ森(愛媛)

1か月インターネット利用できない環境だったので日記にするのが遅くなりましたが10月9日~11日に石鎚山~瓶ヶ森に行ってきました。(更新が10月中にできるか!?)
調度石鎚山山頂は紅葉になってて綺麗でした。
当初は、石鎚の北側のロープウェイを利用して神社や夜明峠等を通り山頂にたどり着き~伊吹山~シラサ峠でテント泊の予定でしたが天候が悪いため土小屋から登りました。
9日
車中泊を避けるために須崎市~土佐市方面をビジネスホテルを求めさ迷いました。
流石3連休どこも空きがあるはずもなく、結局銭湯に入ることはできたけど車中泊決定がくぅ
車中泊をしようとしていたのは自分たちだけではないようで、東屋にはテントを張っている人や夕飯にすき焼きを造っている人等がいました。
深夜になっても駐車場に着いた人が車を停める場所を選んでいるのかライトを付けて(←夜だから当たり前だけど)ウロウロする車が多くグッスリは眠れませんでした。
けど、深夜には満天の星空を見ることができこれはこれでチョッピリ得した気分。(写真ではよく撮れていないけど)
$宮崎Walker
10日
起きたはいいけど、あまり寝れず気持ち悪いし頭痛だし・・・本当にロープウェイ利用の周回コースじゃなくてよかったと思いました。
風がかなり強く、曇っていて(ガスって)行程もそれほど急ぐ必要もないため、ゆっくりめの8:40出発。
登山道がしっかり整備されていて勾配もきつくないし登山者がメチャクチャ多く否が応でもゆっくりのペースになったため体調がよくなくてもなんとか登れました。
鎖場は、ホント渋滞って感じで蟻んこになった気分になってしまいました。
$宮崎Walker
一緒に登った相方は二の鎖登り終わると三の鎖をシレーっと巻こうとしていたのをオイオイ石鎚の醍醐味を味わおうよと呼び止めしっかり三の鎖も登りました。
11時山頂到着
山頂に着いた頃は、ガスっていて皆、天狗岳方面に固まって待機。自分達も昼食をとって待機。
多くのカメラマンが三脚を立ててシャッターチャンスを待っていました。
待った(昼食をとっていた)甲斐があり、ガスの切れ間に天
相方は二の鎖登り終わると三の鎖をシレーっと巻こうとしていたのをオイオイ石鎚の醍醐味を味わおうよと呼び止めしっかり三の鎖も登りました。
11時山頂到着
山頂に着いた頃は、ガスっていて皆、天狗岳方面に固まって待機。自分達も昼食をとって待機。
多くのカメラマンが三脚を立ててシャッターチャンスを待っていました。
待った(昼食をとっていた)甲斐があり、ガスの切れ間に天狗岳が見えました。
うーん日頃の行いがどんだけいいんだぁって感じだな。うん。
山頂に着いた頃はこんなで
$宮崎Walker
チョッと待つとこんな感じになり
$宮崎Walker
しっかり待ってしっかり見えました天狗岳
$宮崎Walker
大勢の登山者から歓声があがって楽しかったです。
真っ青の山頂の方がいいけど、ガスの切れ間に覗く天狗岳もカッコよかったです
弥山~天狗岳往復したり昼食とったりと1時間半ほど山頂で過ごしました。
下山するころには、ディズニーランドより混雑してるのでは!?と思うほどの混雑ぶりでした。
$宮崎Walker
12時30分下山開始
下山時には、背が小さい女性が自分と同じグレゴリーバルトロの女性版のザックを担いで自分達と同じペース(それ以上かな!?)との出会い!?があり衝撃を受けました。
自分達が当初予定していたロングコースを歩いているではないか!?自分達が軟弱ハイカーだと強く認識することになり、次回ここに来る時は、絶対ロープウェイ発ロングコースをやってやると心に誓いました。
11日
瓶ヶ森に登った日は快晴で、石鎚山がよく見えました。
宮崎Walker
宮崎Walker
こんな気持ちのいい風景をみるとまた来て全部登りたいと思ってしまいます。
手前左の山(子持権現山)めちゃうちゃキツソウだけどなんでか登りたいと思ってしまいます。
$宮崎Walker
前半は、雨だ体調悪いだといっても後半(山頂位から!?)は、いい感じで今回の石鎚の旅は終わることができてよかった~
次はロープウェイ初ロングか雪の時に行くぞ!!!

関連記事

  1. 霧立越(雪ver.)

  2. 五葉岳周回(宮崎県日之影町)

  3. 横浜夜景2(ランドマークタワー)

  4. 白髪岳(熊本県)

  5. 大崩山(延岡市)

  6. 夏木山~新百姓山

  1. SECRET: 0
    PASS:
    11日の瓶ヶ森からの眺めは素晴らしいですね~。
    私も周回コースにトライしてみたいです。
    それにしても・・・石鎚山頂の人の数はすごいですね!。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >hisamanさん
    さすが100名山
    静かな山を求めるなら瓶ヶ森ですね~

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate »