宮崎で薪ストーブ9

2016年3月に入居したときに若干焚き始め、
2016年の冬から本格始動した薪ストーブ。

2016年の冬を1シーズン目とすると・・・
2018年の冬で3シーズン目となりました。

2018年は、8月に初めて煙突を分解しての掃除。メンテナンスを依頼しました。
中々の灰の量が溜まっていました。3シーズン毎にはメンテナンスが必要だと感じたところです。

今シーズンの薪の運搬が、現時点(2月2日)で2回(11月と1月)。
年末までに焚いたのは、5回もありませんでした。
というのも、薪の保存総量が来シーズンもつかもたないかというギリギリの状況となり、緊急緊縮財政状況なためです。

翌朝の最低気温が5~6℃以下にならなければ焚かないようにしています。

ホントに今年は薪の確保を図らなければ再来年は薪ストーブに火が灯ることはありません!!やばい・・・・

関連記事

  1. 祝3歳!~定期投稿は終了~

  2. 県産材たっぷり住宅

  3. 2歳7カ月

  4. 約1歳4か月

  5. 誕生(9月9日)

  6. 宮崎で家を建てる8(H27建築中編)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate »