宮崎で薪ストーブ9~シーズン3~

2016年3月に入居したときに若干焚き始め、
2016年の冬から本格始動した薪ストーブ。

2016年の冬を1シーズン目とすると・・・
2018年の冬で3シーズン目となりました。

2018年は、8月に初めて煙突を分解しての掃除。メンテナンスを依頼しました。
中々の灰の量が溜まっていました。3シーズン毎にはメンテナンスが必要だと感じたところです。

今シーズンの薪の運搬が、現時点(2月2日)で2回(11月と1月)。
年末までに焚いたのは、5回もありませんでした。
というのも、薪の保存総量が来シーズンもつかもたないかというギリギリの状況となり、緊急緊縮財政状況なためです。

翌朝の最低気温が5~6℃以下にならなければ焚かないようにしています。

ホントに今年は薪の確保を図らなければ再来年は薪ストーブに火が灯ることはありません!!やばい・・・・

関連記事

  1. 宮崎で家を建てる4~宮崎の建設依頼先の探し方

  2. 抱きグセに根拠はあるの?1歳10ヶ月頃は更に好奇心旺盛になってくる!

  3. 宮崎で薪ストーブ2~家づくり中その2・薪ストーブ本体について~

  4. 使おう県産材!!

  5. 育メンへの道(10月の料理)

  6. 宮崎で薪ストーブ11~シーズン4~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

プロフィール

サイトの中の人:みっち~

大好きな宮崎の風景を一眼レフ・ドローンで撮影しながらさるく人。
市町村観光ご担当者様・観光地施設管理者様ドローン撮影依頼お待ちしています!

カテゴリー

Translate »