西都原古墳群へのアクセスは?桜の時期はどんな景色?開花時期は?観光してドローン空撮してみたブログ

こんにちは!
宮崎県が大好きで観光地を一眼レフカメラやドローンで撮影して、
宮崎を勝手に応援して盛り上げるブログを運営している”みっち~”です。
この記事では、西都原古墳群(さいとばるこふんぐん)へのアクセス方法(駐車場)や
桜の開花時期などについて、撮影した映像でご紹介していきます。

日の出の時間帯のグラデーション色が好きです!

1.アクセス・駐車場

日本最大級の古墳群「西都原古墳群」は、
宮崎県のほぼ中央に位置する西都市にあります。
宮崎市内からは、車で1時間弱で到着します。

市内から西都ICまでの高速道路を利用しても、あまり時間は変わりません。
もし、海側に近いところが出発の起点となる場合は、一ッ葉有料道路を使うことをお勧めします。
(それでも短縮できる時間は10分もありません。)

桜や菜の花が咲くエリアとなる鬼の窟古墳の近くの施設
「西都原ガイダンスセンターこのはな館」の駐車場を使用すると散策に便利です。
乗用車700台は駐車できる広大なスペースのため、
花見の時期でも駐車できないということはないと思います。
ただし、花見の時期は、警備員も配置されますが、人で大混雑するので、
早めの時間帯に訪問することをお勧めします。

2.観光地(施設)概要

「神話のふるさと」といわれる宮崎は古代「日向の国」とよばれ、
古事記や日本書紀に記されている日向神話をはじめ、
数多くの伝説や史跡があふれています。

西都はその日向の中心地であり、多くの神話や伝説が伝わっています。
東西約3㎞、南北約4㎞(東京ドームの約230倍の面積)の台地上に、
300基以上もの古墳が点在し、そのほとんどはいまだ発掘されないまま、
自然の状態で保存されています。

古墳の形態は、円形墳、前方後円墳、方形墳等があり、
今から約1700年前の古墳時代に造られた物と言われています。

古墳群がある公園内は宮崎を代表する花の名所として有名で、多くのカメラマンが訪れます。
桜と菜の花(3月~4月)、ひまわり(7月)、コスモス(10月~11月)が楽しめます。
特に、桜の時期は、桜のピンクと菜の花の黄色、そして澄んだ空のコントラストは見ごたえ十分です。
コスモスの時期の記事はこちら(☚)をクリック
(記事の内容はほぼ同じで、写真がコスモスになります。)

こちらの西都原古墳群、宮崎市の生目古墳群、蓮ヶ池横穴墓、新富町の新田原古墳群などの
古墳群が2018年5月に文化庁によって日本遺産に認定されています。

3.桜の開花時期と私が訪問した時の状況

例年の桜の開花時期は、3月下旬から4月上旬。
私が訪問した時の桜の開花状況は次のとおりです。
2007(平成19)年4月7日 満開
2010(平成22)年4月4日 満開
2011(平成23)年4月9日 散り始め
2018(平成30)年3月31日 散り始め
2020(令和2)年4月9日 散って7割程度
2021(令和3)年3月26日 満開

4.まとめ~フォトコレクション・ドローン映像あり~

西都原古墳は、桜と菜の花のコラボレーションを楽しめる絶景スポットです!
桜のもとでシートを広げて花見をのんびりできる場所です。
(コロナ禍の状況では、間隔に気を付けてソーシャルディスタンスを保たなければいけませんが・・)

ちなみにこの記事の写真は、2020年(昨年)の写真を含んでいます。

ドローン撮影は、2021年の分です。
人が混まない早朝に撮影を行いました。

関連記事

  1. cafe&zakka NICOL

  2. 記紀旅キャンペーン(宮崎県)

  3. 都井岬火まつり&石波海岸

  4. CORNER(カフェ&バー)(宮崎市)

  5. 渡るには勇気がいるよ。天空の大吊橋「綾照葉大吊橋(遊歩道)」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

Translate »